高知県安芸市矢流

南国と称されるほどの温暖な気候が
豊かな自然を育んでいます。


高知市から東に離れた場所に位置する安芸市矢流。広大な四国山地が北に向かって広がる、緑豊かな町です。南には温暖な黒潮が流れる土佐湾があり、海上から暖かい風が吹きつけてきます。加えて、高知県は日本の中でも日照時間がトップクラスに長い土地。平均気温の高さは南国と称されるほどです。この暖かさが、豊かな自然と農業を支えています。

陽差しが強い南向きの段々畑に、
潮風が天然のミネラルを運んできます。


四国山地に向かって伸びる傾斜地に作られた南向きの段々畑。日中は思わず目を細めるほどの強い陽差しが降りそそぐ一方で、地形の影響から朝晩は冷え込みます。昼夜の寒暖差が大きいと糖度の高い果実が育つため、ゆずや小夏、文旦など柑橘類の栽培には絶好の環境。さらに南からは暖かい潮風が、畑に天然のミネラルを運んできます。このミネラルを吸収することで、果実に深い旨みが生まれるのです。