汗をかいたら水分補給。熱中症対策の基本中のキホンですよね。
でも、実はそれだけでは十分ではありません。

人間の水分は息や皮膚呼吸、尿などによっても排出されます。
また偏った食生活でミネラルが不足すると汗が出にくくなり、
体温を下げづらくなると言われています。
私たちのカラダは知らないうちに熱中症にかかりやすくなっているのです。
そうならないために、日頃から水分補給に加えて
ミネラルが多いものを意識して食べることが大切です。

necchusho1

特にオススメなのは夏バテしても食べやすく、体温も下げられる冷たい料理。
例えば冷やし茶碗蒸しは、つるんとした食感で水分と塩分を程よく補給できます。
夏野菜をたっぷり入れた冷や汁も暑い夏にぴったり。
冷たいものは塩味が薄れるので、少し濃いめに味付けしたり
しっかりだしを取ることで、よりおいしくいただけます。
ごちせんの「宗田節粉末だし」なら、手軽に深い味わいのだしが取れますよ。

こまめな水分補給はもちろんですが、日々の食事も同じくらい大事。
両方を意識して、効果的に熱中症を予防しましょう!

 

ミネラルたっぷりの土佐の海の天日塩はこちら!

 

宗田節粉末だしはこちら!